ミルガンで充血、痒み

まつ毛が”短い、長い”でかなりのインパクトが異なります。
ただでさえ目が細い私、どうにかして周りの人にインパクトを与えたいために、まつげの育毛剤であるミルガンを使っています。

あくまでもミルガンは目薬ですが、目に指すわけではありません。
もともと、眼圧緑内障の患者のために開発された目薬のために、正常の人、つまり緑内障患者ではない方がミルガンを指すと眼の表面や目を支える血管に負担を欠ける恐れがあるそうです。

そのためミルガンの副作用としては、
「ドライアイ、炎症、痒み、痛み、充血」などの症状が出る恐れがあります。

そのために、ルミガンを使用するときは注意が必要。

あくまでも、まつ毛の根元にミルガンを塗ること。
そうすれば、極限までに副作用を抑えることができます。

どうしても副作用が起こる場合は一時中断し様子を見る。
副作用が起こっている状態でなお、継続してミルガンなどを使用すると、正常の目にたいして眼圧を下げてしまう恐れがあり、大きなトラブルになる恐れが、、、。

まずは、無理をしないように、決められた用法、用量を守ることが大事。